ホセ・コルテス・フェルナンデス「エル・ピラタ」は、フラメンコが日常生活の一部であり、著しく浸透している家族に生まれました。 最高の学校、家族のフラメンコで、12歳で独学の方法でギターを弾くことを学びます。

舞台出演は14歳の若さから。 彼は作曲家、アレンジャー、ギタリストや歌手として異なるアルバムの録音に参加するいくつかのグループの一員です。 その中には、2000年にベストフュージョンアルバムにノミネートされたものがあります。

彼はグループ「フラメンコス・スモールバンド」のメンバーで、有名なトランペット奏者「ジェリー・ゴンサレス」と小さなツアーでコラボレーションしました。 また、他のプロジェクトやグループの間でタティ・ロマンやルベン・ダンタスとのコラボレーションを強調することができます。 コンパスの完璧な習得を持つ偉大なギタリストなので、偉大なダンスの人物に同行するために、数多くのフェスティバルで必要とされています。