10歳の時にフラメンコダンスから始まるアンダルシアのルーツを持つカタルーニャ生まれの若いダンサー。
14歳の時、彼はスペインの古典バレエとマリ・カルメン・フラガのフラメンコの会社に入り、5年間のトレーニングを続け、スペインとフランスで数多くのツアーに参加しました。

2000年、ランサローテ島とテネリフェ島の別の部屋で演奏。 彼はマドリードでトレーニングを終え、有名なアモール・デ・ディオスの学校で、クリストバル・レイエスやマヌエル・レイエスなどのクラスを受講しました。

2002年には日本のテーマパーク「パルケ・エスパーニャ」のタブラオで1年間滞在する必要がありました。

2003年にラファエル・アギラール社に入社し、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツをツアー。 その後、スペイン、グアテマラ、エルサルバドルのマリア・カラスコ社と共に「カルメン」の作品「カルメン」でソリストを務めました。
2005年グラナダに定住し、有名な「タブラオ・アルバイシン」に取り組み、カルメン・デ・ラス・クエバスの上級レベルでダンスクラスを教え始めました。 コースを教えていると主張する中国、ロシア、スイス、エストニアなど、多くの国で旅行を始めましょう。
2007年に自身の会社「フラメンコ・アマリ」を設立し、初のショー「無知の夢」「プント・デ・ビスタ」を上演。
2009年には東京を訪れ、サラ・アンダルザのエンリケ・エル・エクストリームニョなどのアーティストとステージを共有。

2010年、彼女はセビリア・ビエンナーレでのショー「バイラー・ヴィヴィル」のプレゼンテーションでモネタとコラボレーションしました。

2011年、サクロモンテの洞窟のIフェスティバルで彼のショー「アマルガマ」を発表しました。