彼は幼い頃からフラメンコの純粋な供給源から飲んできました。 父親のアントニオ・ゴメス「エル・コロラオ」は、歌の基本的な基盤と同時に、すべての芸術を植え付けています。 6歳の時、兄とギターを伴って初公演を行う。 この瞬間から、彼は数多くのフラメンコ岩の中で父親と一緒に歌い始めました。

アルダルシアの祭り。

10歳の時、大野グループは他の将来のフラメンコの人物と共に結成されました。 このグループでは、セルジオは、将来的にいくつかの忘れられたカンテで革新するのに役立つフラメンコの彼自身のスタイルを形成し始めます。 3年間、レメディオス・アマヤ、ライムンド・アマドール、ラ・スシ、レベカ、エコス・デル・ロシオなどのアーティストとポスターを共有しています。

2000年、彼は、ラファエル・アマルゴ、ロサダ・グループ、アントニオなどのアーティストが出演するショー「NochesNoches Flamencos」にマドリードに参加しました。

「 エル・コロラオ」。

この瞬間から、彼は一人で動き始め、フアン・ラミレス、マノレテ、ラ・モネタ、アドリアン・サンチェス、ハラ・ヘレディア、アナ・カリ、エヴァ・エスキベルなど、数多くのダンサーと一緒に、現代の空気で純粋なフラメンコを歌います。 その数多くのパフォーマンスの中で我々は強調することができます:タブラオカサパタスデマドリード、マドリードのカルダモモクラブで、セクションでセビリアのビエンナーレ”モアヤングモアフラメンコ”、銀器の岩、

マラガ・ビエンナラ..

2007年にはユニオンコンクールに参加し、2008年と同じようにソレアとビダリアの賞を獲得しました。 近年、彼はフラメンコ分野での偉大な知恵とスペインの批評家の認識を獲得しています。 フラミンゴと非フランダースの間で新しいことをする彼の熱意は彼のために扉を開き、古典的なカンテの彼の知識が高まっています。 セルヒオ・ゴメスはグラナダのフラメンコの若い約束の中で名誉の地位を獲得しました。

ディスコグラフィー

  • フランダースのエッセンスを持つ若者たち(2000年、ビッグバンプロダクション)
  • ヤングフラメンコス(2005年、グラナダ州議会)
  • アントレ・アミーゴス (2009, セルヒオ・パミーズ)
  • 酔っぱらい (2011, セルジオ・パシーズ)
セルヒオ・ゴメス'エル・コロライト22

歌手