彼女は8歳で踊り始め、12歳でタブラオの「ラス・コンチャス」やカセレスとバダホスのフェスティバルで踊ります。 16歳の時、故郷のダンスアカデミーで教師として働いていました。 18歳でマドリードに移り、アカデミア・アモール・デ・ディオスでダンス研究を続け、タチ、カルメン・コルテス、ギト、マノレテなどの教授等に師を務めた。 18歳の時、ティト・ロサダの会社で日本に渡る。 1993年と1994年に彼は会社「クアドロフラメンコ」とオランダをツアー。 1995年、ルイス・デ・ルイスの会社でヨーロッパツアーを行った。 また